SUBEシルクパジャマのデザインについて


少しでも心地良く着られるように、シンプルなデザインですが、実は細部の一つ一つに役割があります。

肌当たり良く

縫い代の「袋縫い」と「折り伏せ縫い」|洗濯機でも洗えるシルクパジャマ SUBE
生地端をロックミシンでかがる方法は、工程も効率的なので縫い代始末の方法として一般的です。ただ、ミシン糸というのは縫製中に強い抵抗がかかるため、切れないための強度が必要で丈夫です。そのためシルク生地がせっかく柔らかくても、このロックミシンでかがった部分が硬くなり、お肌の弱い方にとっては、擦れて気になると感じられる方もいらっしゃいます。SUBEでは、シルク生地の柔らかさを邪魔しないよう、ロック糸は使わず「袋縫い」と「折り伏せ縫い」という生地端を隠し肌に当たらないようにする縫製方法で縫い代を始末しています。
 

肌に当たるのでポケットの中に付けました

肌に当たるのでポケットの中に付けました|洗濯機でも洗えるシルクパジャマ SUBE
服の内側に付くことの多いブランドネームや洗濯表示タグ。これもガサガサと体に触れると気になります。なので、内側には付けずポケットの脇と中に付けることで、直接肌に触れないようにしました。
 

ブランドネームの端もかがりました

ブランドネームの端かがりました|洗濯機でも洗えるシルクパジャマ SUBE
ポケット脇についたブランドネームも腕に触れても気にならないよう、ふわふわのウーリー糸で縁をかがりました。
 

下着と同じ柔らかさに

下着と同じ柔らかさに|洗濯機でも洗えるシルクパジャマ SUBE
洋服によく使われる洗濯表示タグはシルクパジャマの生地より少し硬く、ポケットの中とはいえガサガサするため、タグの素材は下着に使われている柔らかいタイプを採用しました。
 

ポケットの役目

ポケットの役目|洗濯機でも洗えるシルクパジャマ SUBE
パジャマはよく左ポケットだけのものも多いのですが、SUBEでは左右にポケットを付けました。これは胸元をカバーするためのデザインです。下着を付けていないと気になる胸元も、ポケットがあるとなんとなく安心感があります。
 

コンバーチブルカラー

コンバーチブルカラー|洗濯機でも洗えるシルクパジャマ SUBE
釦を全部閉めても、第一釦を開けても衿が落ちついて綺麗に見えるように設計しているので、首元が寒い時には閉め、暑い時には開けたりと、2デザインの衿を楽しめます。
 

ウエスト調整 

ウエスト調整|洗濯機でも洗えるシルクパジャマ SUBE

ウエストは2段のゴム仕様です。大きい場合は内側の紐で調整も可能。
 

ゴムの取替え可

ゴムの取替え可|洗濯機でも洗えるシルクパジャマ SUBE

パンツウエストにはゴムが2本入っていますが、伸びてしまったり、サイズ調整したい場合は、左脇にあるゴム替え口からゴムを取り出すことが可能です。

ゴムの替え方はこちら