シルクが人の肌にやさしい訳


シルクが人の肌にやさしい訳|SUBE

シルクは肌にやさしいイメージがありますが、なぜ人の肌に優しいと言われるのでしょうか。それはお蚕さんの温もりを感じられるから。それでは分かりませんよね。シルクのやさしさを少し知るときっと大切に着たくなります。
 

シルクは人の肌に似ている?

シルクが人の肌にやさしい訳|SUBE
人の肌にやさしいと言われる理由の一つに、人の肌に似ているという事が言われています。まず人の体を構成するタンパク質は、20種類のアミノ酸で構成されています。そしてシルク生地となるフィブロインという繊維を構成するアミノ酸は、グリシン、アラニン、セリンが多く占めていて、これらが人の皮膚や爪、髪を作る原料となるアミノ酸でもあるから、人に肌に近いと言われるのです。

そのため、皮膚に刺激を与えることが少なく、お肌にやさしいと言われるのです。シルクは着用した時に、肌に触れていないような、何も着ていないような不思議な感覚があるのですが、これも人の肌に似ているからかもしれません。
 

なぜ夏は涼しく冬は暖かいのか?

シルクが人の肌にやさしい訳|SUBE
もう一つ、シルクは夏涼しく冬は暖かい素材だと言われています。その理由はシルク繊維の構造によるものです。お蚕さんから出た繭糸は、フィブロインというタンパク質の繊維2本が、セリシンというタンパク質に覆われている状態ですが、そのフィブロインはフィブリルという更に極細の繊維がたくさん集まって束になったものです。

その繊維間に隙間がたくさんあるため、そこに空気を含み、冬は軽くて暖かいのです。

そして、その隙間が身体から出た湿気を吸湿し、乾燥時に放湿することで快適さが保たれます。その吸湿性は綿の約1.5倍と言われています。その時の気化熱効果もあり、夏は肌がさらりと乾き涼しいというわけです。

冒険家の植村直己さんも、南極生活ではシルクを防寒装備として選んでいたそうです。極地では肌着の素材によって、生死を左右してしまうほど重要なものなので、シルクの凄さを感じます。登山でも吸湿性の高いシルクやウール、ポリエステルのインナーが推奨されていて、私自身もこの効果はとても実感しています。
 

紫外線から肌を守る

シルクが人の肌にやさしい訳|SUBE
あと、シルクは紫外線を防ぐと言われますが、これはどうでしょうか。まずシルク生地の元となる繭は、お蚕さんが幼虫から蛹(さなぎ)になる時に、身を守るためにつくるシェルターです。そのため、中のお蚕さんを守るための機能が備わっていて、有害な紫外線をカットしてくれるという訳です。夏の素材、コットンやリネンよりもカット率が高く優れていると言われます。

ただし、シルクが紫外線を吸収することで、肌への透過を防止しているため、紫外線を吸収したシルクは黄色く変色してしまいます…。シルクが紫外線を跳ね返しているわけではないのです。なので、お洗濯で干すときはぜひ日陰に干してくださいね。
 

お蚕さんの温もり

人工の合成繊維にはない、自然が作った機能性につくづく驚かされます。 
シルクが人の肌にやさしく、ぬくもりを感じるのは、シルクが命あるものからできているからなんですよね。そのことを忘れず、お蚕さんが身にまとってきた温もりを大切に着ていきたいものです。