シルクは花粉症の味方でした。


シルクは花粉症の味方でした。|SUBE

春はポカポカとなんだか気持ちもほぐれるので大好きなのですが、毎日鼻水が絶えません…。悩ましいのがお洗濯。こんなに良いお天気なのに、そろそろ室内干しか…とすこし憂鬱になります。
 
お外で干せば乾きも速く気持ちいいのですが、室内だと乾くのに時間がかかって菌が増殖しないかも心配になります。速く乾かすために除湿器も使いますが、音や振動も気になり…。外に干して取り込むときに叩けば平気かなと、花粉の飛び始めはそれで済んでいましたが、さすがにピークの時期になると、しっかり叩いてもその後で酷い目にあい後悔します…。
 
もうダメだと諦めて室内干しにしたのですが、SUBEのシルクパジャマの乾きが速く、速乾性に改めて気付かされました。花粉症にとってはありがたく、まさか室内干しでシルクが役立つとは。
 

シルクは速乾性が抜群、さらに…

シルクは速乾性が抜群、さらに…|SUBE 

もともとシルクは速乾性に優れた素材なのです。その証拠に、登山では乾きが速いシルクやウール、化繊のインナーが推奨されていて、乾きの遅いコットンは低体温症を招いてしまうからNGとされています。
 
さらにSUBEで使用しているシルクは、洗濯機で洗っても毛羽立ちにくくする加工をしているのですが、その副産物として吸放湿性が向上しています。元々のシルクよりも乾燥時間が短くなるという嬉しい機能が備わっているのです。どうりで速く乾くわけですね。実は室内干しに適している素材だったのです。
 

花粉症のお供にシルク

 花粉症のお供にシルク|SUBE

普段はシルクと他の素材のパジャマを一日おき交互に着ています。シンプルなコットンの平織りや、柔らかな3重ガーゼなど。様々な素材やデザインを着る事で、気づきを得たり、シルクの良さを再認識したりするためなのですが、花粉症の時期は特に、シルクパジャマの日が無性に嬉しくなります。
 
この季節は、お肌もデリケートな状態になっているので、摩擦の少ないシルクは肌当たりがとても楽。お風呂で一日の疲れと花粉をすっきり落とし、シルクパジャマに袖を通す時間が至福です。
 
柔らかいコットンガーゼも心地良くて大好きなのですが、室内干しの事を考えると…、この時期はシルクに軍配があがります。
 
速乾性でいうとポリエステルなどの化繊ですが、弱肌には少々ストレスがかかることと、環境への影響が気がかりです。
 
ということで、デリケートなお肌状態にも刺激が少なく、室内干しでも速く清潔に乾かせるシルクが、花粉症の季節にはとても重宝することがわかりました。
 

春を心地よく過ごす

 
春は、寒さから解放され、気持ちも体もほぐれる気持ちのいい季節なので、花粉ともうまく付き合って、心地よく過ごしたいものですね。
 
体調や環境の変化にあわせて、心地いい生活習慣をぜひ見つけてみてください。