SUBEで使用するシルク生地の種類

SUBEで使用するシルク生地の種類

シルクにも様々な織り方の生地があり、それぞれ見た目の雰囲気や肌触りも異なります。

愛着が持てる理想のシルクパジャマが見つかるように、2種類の生地を定番としてご用意しております。


SATIN-サテン-

SUBEで使用するシルク生地の種類|洗濯機で洗えるシルクパジャマSUBE

シルクというと、この光沢あるサテンのイメージが強いと思います。

サテンとは「朱子織り」という織り方のこと、また、その織物の総称をいいます。

表にタテ糸(またはヨコ糸)が多くあらわれ、ヨコ糸(またはタテ糸)と交差する点が少ないために凹凸が非常に少なく、糸がぴっしり詰まっていて滑りがいいのが特徴です。

シルクサテンがこんなに光沢が美しく、驚くほど滑らかなのは、シルクが持つ「光沢と滑らかさ」だけでなく、織り方による「光沢と滑らかさ」も加わるからです。

見た目も高級感があり、ドレスやブラウス、スカーフなどによく用いられます。

「優雅な雰囲気の光沢感」と「しっとり滑らかな肌触り」という特徴から、とことん滑らかな肌ざわりをこだわりたい方におすすめです。

【現在SUBEで展開している生地の厚み】

・20匁 (オールシーズン向き)

 

TWILL-ツイル-

SUBEで使用するシルク生地の種類|洗濯機で洗えるシルクパジャマSUBE
 

シルクパジャマではサテンが多いので、少し珍しいかもしれませんが、カジュアルでお洒落な生地です。

ツイルとは「綾織り」という織り方のこと、また、その織物の総称をいいます。

斜めに畝が現れる、デニムやギャバジン、カルゼなどと同じ織り方です。表面に凹凸があるため、肌触りはサラッとしていてハリ感もありカジュアルな雰囲気があります。綾織りにより表面の凹凸で光沢は控えめな微光沢です。

「微光沢で上品なカジュアルさ」と「サラッとドライな滑らかさ」という特徴から、シルクをカジュアルにその風合いを愉しみたい方におすすめです。

【現在SUBEで展開している生地の厚み】

・19匁 (オールシーズン向き) 

ブログに戻る