シルクがもっと暮らしの中で使いやすくなるように


シルクがもっと暮らしの中で使いやすくなるように|SUBE

 

洗濯機でも洗えるシルクパジャマ
 
SUBEのパジャマはすべて「洗濯機でも洗えるシルク」を使っています。手洗いしかできないパジャマを毎日使い続けることは大変なこと。気持ちに余裕がある時に手洗いを愉しんだり、たまの手間を愉しむ、それも素敵な暮らしですが、気持ちに余裕がなくても、忙しくて時間がなくても、シルクを使いたいと思っている人がみんな使える。そんな暮らしの道具となるシルクパジャマにしたくて、「洗濯機でも洗えるシルク」で作ることにしました。

洗濯機洗いを可能にしたのは、海外メゾンからも指名される京都の老舗染色会社の技術力です。長年培った染色技術を現在もなお進化させ続けている会社で、SUBEのシルクパジャマはこの技術に支えられています。

シルク本来の良さはそのままに

このシルクが本来のシルクと違うところは、洗濯機で洗っても「白化しにくいこと」「縮みにくいこと」。

どういう事かというと、まずシルク(生糸)は、お蚕さん(蚕という昆虫)が幼虫から蛹になるときに、外敵から身を守る繭を作るために口から吐く繭糸が原料となります。この繭糸は、フィブロインというタンパク質の繊維2本が、セリシンというタンパク質に覆われているもので、そのフィブロインはフィブリルという更に極細の繊維がたくさん集まって束になったもの。洗濯をくり返すとその摩擦で束になっていたフィブリルがバラバラにほつれ、表面が毛羽立ち白っぽくなる白化現象が起こります。この白化を起こりにくくするため、フィブリルを架橋結合という技術で繋ぎ合わせています。そのため、洗濯機で洗っても白化しにくいというわけです。

そしてシルクには水洗いで縮みやすいという性質もあります。SUBEの生地は、真空高圧加工という薬品や水を一切使わない環境にも優しい加工方法で縮みにくくしています。生地なので全く縮まない訳ではありませんが、大きく縮むことは防げます。

これら技術の素晴らしいことは、シルク本来の風合いや機能性は損なわないことです。

洗剤は「中性」をお使いください

一つ知っておいていただきたい事は、「中性」の洗剤をお使いいただきたいという事。その理由はシルクが人の肌と同じタンパク質でできているからです。「弱アルカリ性」洗剤は汗や皮脂など酸性汚れを中和して落とす力が強力ですが、タンパク質を溶かす性質もあります。汚れを落とす力は「弱アルカリ性」洗剤に比べ低い「中性」洗剤ですが、タンパク質を傷つけないのでシルクには適しています。さらにアルカリ性が高い漂白剤もご使用をお避けください。

パジャマは人生の1/3もの時間肌に触れるものなので、素材もじっくり選びたいもの。それがシルクであればその選択肢になりますと幸いです。