「暮らしの道具」としてストレスなく着られるように


デザインで大切にしていること
 
デザインは一見いたって普通のパジャマですが、大切にしている想いがあり、デザインの細部一つ一つに意味や機能をもたせています。

大切にしていることは、ただただストレスなく快適に着られるように。

「暮らしの道具」として ストレスなく着られるように|SUBE
例えばパジャマのポケット。寝る時なので使わない人も多いかもしれませんが、使いたい人もいるので、一般的にはよく左胸に一つのポケットか、ウエスト(腰)部分にポケットが付けられています。なんとなく付いているポケットですが、ポケットがある部分は生地が二重になっていることに意味を持たせ、胸元をカバーするためのポケットとして左右の胸に付けました。ナイトブラなど下着を付けている時はいいのですが、何も付けていない時は透けが気になるなど、なんとなく不安なもので、ポケットがあると少し安心感が生まれます。

「暮らしの道具」として ストレスなく着られるように|SUBE
そしてシルクという素材の良さを活かすこと。シルクは摩擦が少なくとても肌触りの良い生地です。この良さを最大限活かすためには、肌触りの良さを邪魔する要素を取り除く必要があります。例えば、生地端はロックミシンでかがるのではなく、袋縫いや伏せ縫いという生地端を包む縫製手法にすること。手間はかかりますが見た目も肌当たりも良い仕上がりになります。シルクパジャマではよく見られる縫製です。
他には「ブランドネーム」や「洗濯ネーム(洗濯取扱い絵表示)」をパジャマの内側に付けないこと。洗濯ネームはポケットの中、ブランドネームはポケット横に付ければ肌には触れません。

「暮らしの道具」として ストレスなく着られるように|SUBE
このブランドネーム。作る機械には「シャトル織機」「レピア織機」という2種類の織機があります。SUBEのブランドネームは「レピア織機」で作成しています。実は「シャトル織機」の方がブランドネームの耳部分まで織られていて柔らかく、肌に触れても痛くない特徴があるのです。「レピア織機」はブランドネームの端をヒートカットで処理するため硬く、肌に触れる物には適していません。「シャトル織機」に比べ「レピア織機」は価格も高いのですが、繊細で高級感ある仕上がりに魅力があります。シルクパジャマの雰囲気にマッチするのは断然「レピア織機」だったのです。この「レピア織機」を使って、肌に触れても柔らかい肌触りにするため、手間はかかりますが、フワフワのウーリー糸でブランドネームの端をかがる方法をとりました。

細かいデザイン一つとっても着心地に影響するもの。ストレスなく快適に着られるように今後もデザインを追求していきます。